平沼歯科医院

平沼歯科医院(大阪府交野市倉治)│虫歯治療、歯周病治療、インプラント、審美、ホワイトニング、3Mix

平沼歯科医院 お問い合わせ・診療時間

 

HOME»  歯周病

歯周病

歯周組織とは、歯を支える組織の事で大きく分けて歯肉と歯槽骨(あご骨)の2つになります。この歯周組織を破壊する病気が歯周病です。歯周病には歯肉に炎症が限局する歯肉炎と歯槽骨を溶かしていく歯周炎があり、痛みがなかなか出ずに進行していきます。よって定期的に歯周病菌の住みかになっている歯石を取り除く事をお薦めします。

 

歯周病

 

毎日の正しい歯磨きと定期的な検診が一番の予防です。
当院では、この歯周病を防ぐ為、歯石除去、歯磨き指導を行う事はもちろんの事、歯周病菌の抑制に効果的な上記の2品もお勧めします。

 

歯周病

 

当院でのうがいに使用する水には「次亜塩素酸水」(商品名:パーフェクトペリオ)を使用しています。
この“歯周病菌を軽減する”水は「次亜塩素酸水」(商品名:パーフェクトペリオ)といい塩を主とした原液を水と長時間「電気分解」させて作ります。できた次亜塩素酸水は、pHが7.0前後(水道水とほぼ同じpH)の中性ですので、歯牙や歯肉に対して影響なく、安全であり、また体内の白血球と同じ除菌成分なので、歯周病菌や虫歯菌を減らす効果を兼ね備えています。

歯周病菌の細菌が血管等に入り込み、肺炎、心臓病、血管の病気等を起こします。また細菌が繁殖し、炎症反応物質が、糖尿病、妊婦の早産など悪影響を及ぼすと言われています。その歯周病菌を減らして臓器への侵入を防ぎ健康管理に役立ちます。

歯槽ノーローの進行、歯周病の口臭、虫歯の発生等を抑える“お水”です。使用方法は、この次亜塩素酸水を夜寝る前に30~40ccを口に含み10~15秒「グチュグチュ」と、“うがい”をして寝ると歯周病菌が減り細菌の活動を弱くするので、朝起きた時の口の中は、今までと違い気持ち悪い感覚が軽減してたり、口臭も弱く感じられるでしょう。又、歯周病菌が体内に入らないよう寝起きの“うがい”もお薦めします。歯磨きと同じように毎日お続け下さい。“グチュグチュ”と繰り返せば細菌は減りますが、いつも口の中には細菌が入り込みます。細菌の量は少なくなるので続けます。

新型インフルエンザウウルスを「パーフェクトペリオ」が10秒で死滅したとテレビで放映されていましたが、同じ次亜塩素酸水です。(パーフェクトペリオは商品名です)流行性ウイルスや風邪等の予防に、外出から戻った時にも、感染予防としてお使い頂けます。ご家族全員でお使いになれば、歯周病菌の感染予防、風邪等のウイルス感染予防に役立ちます。

この水の臭いは“水泳プール”の臭いと似ています。水道水に含まれている「塩素」の臭いで、プールでは殺菌力を上げる為濃くしているので強く臭います。これは水酸化ナトリウム(pH10以上)ですので、濃くした水は飲めません。水道水には0.1ppmの濃度で入れ殺菌しています。このナトリウムは濃くすると、漂白剤のように危険で肌荒れしてしまいますが、「次亜塩素酸水」はナトリウムではなく、中性領域ですから口の中に入れても安全で粘膜が荒れることなく細菌を減らします。